• 営業 ST

提案の引き出し


新規のパッケージの打ち合わせをする際に、お客様より「何か変わった加工はないか」「面白い形状のパッケージを提案して欲しい」というような依頼を受けることが多々あります。

そういう時は大体、弊社の過去の実績品の現物サンプルをお見せしながら提案をするのですが、そうした過去の実績品の中からはご希望に沿うものを提案できないこともあります。

実際に私も、以前得意先様より大体の仕上がりイメージをお伺いして様々な提案をしたのですが中々はまらず、途方に暮れてしまうことがありました。

そこで、以前に印刷物の展示会で資料をもらった会社の特殊な加工を紹介したところ、とても気に入って頂き、是非採用したいということになりました。

ただし、弊社での加工実績が無いという事はもちろんお伝えしていたので、そもそも、その加工でパッケージの製造が可能なのかという所からのスタートになりました。

実際にお客様と一緒にその加工業者へ行き、どういった加工が可能か、どのように印刷のデータを作れば良いかというようなことを一つ一つ確認しながら、お客様と弊社と加工業者とでまさに三人四脚での進行となりました。

納期も差し迫る中でそうした検証をしながらの進行は非常にタイトなものになりとても大変のものでしたが、無事に納品まで漕ぎ着けることができました。

苦労の甲斐もあり、製品の出来もよくお客様にも非常に満足して頂くことができました。

弊社としても新たな加工実績を作ることができ、お客様と弊社と双方にとってとても良い結果になったと思います。

お客様からの様々なニーズに応え、ご納得頂ける提案をする為にはまず、提案の引き出しを常にたくさん持っていなければいけないと思います。

今回の件は、常日頃より広くアンテナを張り情報を集めることで提案力を強化することで、お客様に幅広くより良いものを提案でき、それがお客様満足に繋がるということを改めて実感できた一件でした。

#お知らせ

永和紙器工業株式会社

© eiwa package industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.