化粧箱・貼箱製作の永和紙器工業(東京都足立区)|一貫体制

一貫体制 factory

弊社の体制は、紙の加工から印刷・箔押し、検品・出荷まで全ての工程を自社工場で完結する一貫体制です。箱づくり、印刷を別々の工場でつくる行程に比べ、全てを自社工場で一貫して行えるということは、コスト・品質を高いレベルで供給できることにつながり、理想のパッケージ(化粧箱)づくりに大きく貢献します。

全ての工程を自社工場で行います

私たちの自社工場は、お客様の理想のパッケージづくりのために、全ての工程を網羅できる設備・生産ラインを完備しています。外注を使わず一貫生産できることは、お客様からクオリティ面でも「安心して任せられる」と多くの評価をいただいています。工場も都内(東京都足立区)にあるので、生産工程の確認など、工場見学に行くにはとても便利な立地だと評判です。

貼箱の自動機は希少です

貼箱とは厚紙でつくった箱に、デザイン性の高い化粧紙を専用の接着剤で貼ってつくる質感の高いパッケージで、主に宝飾品や和洋菓子など高額商品に使用されるパッケージです。生産方法は手作りが主流のため量産には不向きといわれていますが、弊社では貼箱専用の自動機を完備しているので、ロットが大きいものにも対応可能です。もちろん小ロットでの生産ラインも完備しています。

印刷だけ、箱づくりだけとの違い

パッケージの業界では、箱づくり専門、印刷専門など工程の一部を違う会社が担当しながら製品化するいわゆる協業が主流です。このシステムでもパッケージ自体は完成しますが、目的がそれぞれの工程をこなすことになってしまうため、「理想のパッケージを作る」という目的を共有すること難しいといわれています。私たちは自社工場の一貫体制の中、常に高品質なパッケージづくりを目指しています。

永和紙器工業株式会社

© eiwa package industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.