• 入稿室 FK

UVインクでの校正


最近は本紙校正もUVインクを使用することが多くなりました。 高級化粧箱を取り扱う上で避けて通れないのが、パール・メタル・蒸着等の特殊な板紙への印刷加工です。 これらの特殊紙は、従来の油性校正ではインキの乾きが遅く、乾き待ちの時間や裏写り等の問題を抱えていました。 UVインキはUV(紫外線)を照射することで硬化(乾く)する特性を持つインキで、これを使用することで問題点を軽減することができます。 また、弊社ではUV印刷機を当初より導入しています。 校正時に本機と同じUVインキを使用や色の刷り順を合わせるなど、本機印刷での再現性を上げる工夫をしています。 特殊紙での印刷でお困りごとがございましたら、こちらからお問い合わせください。

#お知らせ

永和紙器工業株式会社

© eiwa package industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.