• 設計

本当は難しいサック箱


サック箱(キャラメル箱)やワンタッチ箱など、いわゆる定型モノの印刷箱がありますが、CADソフトの中にそういう定型箱データ集があります。 寸法を入力するとザックリとした箱にはなるのですが、実際は使用する紙の種類や斤量(厚み)、紙の目方向や表面加工、型や機械的な問題、さらに季節的なことなど・・・と色々な条件によって結構な調整を要するので、恐らく設計をしている殆どの人たちは定型データに寸法を入力して終わり、ということはしていないのではないかと思います。 定型箱の調整は、自分が箱の設計の仕事を始めた時からずっと行っていますが、年々調整する度合が増えてきて、たまに「ここまでやったら、もはや定型ではないのでは・・・」とか「ここまでやる人(会社)なんて他にもいるのかな・・・」などと思ったりします。 少し前ですが、あるお客様から以前提出していたサック箱に対して「この図面のように細かい箇所を設計(調整)し直して欲しい」という要望を受け、図面を見てみると、だいたい同じように作りこまれていて、「他にもいた!」と他社さんのことではありますが、少し嬉しくなってしまったのと同時に、当たり前のことなんでしょうが、やはりどこも細かい仕事をしているんだなと、身の引き締まる思いでもありました。 そんな訳で、今日も頭を抱えながらサック箱を作っております・・・。

#お知らせ

永和紙器工業株式会社

© eiwa package industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.