• eiwashikikogyo

製版フィルムのCTP(Computer To Plate)化


今日、協力会社から製版フィルムの出力機が故障し部品が無いので処分しますと、連絡がありました。 時代はフィルムレスで、CTP化です。

CTPとは露光によるフィルム転写ではなく、パソコンから直接刷版にデータを焼き付ける技術で製版フィルムが不用となります。

CTP対応にすると、原稿の色校正・変更・修正・本機印刷時にフィルムの再出力が不用となり、時間とコストが削減されます。とは言え、弊社にはフィルム刷版でリピート製造しているパッケージがまだたくさんあり、改訂やリニューアル時にCTPへの変更を進めています。

その度に、特に特色を使用したパッケージでは、現行フィルムや保存データから、トラップ(白が出ないように絵柄のふちを少し重ね合わせる)方法や補色版(濃色にムラが出ないようにする2度刷り版)確認等々と、なかなか神経を使う作業が続きます。

確かにデジタル化は便利なことが多いですが、確実な移行作業が大切で、担当営業と製造部門が連携し間違えの無いようCTPデータ化を進めています。

#お知らせ

永和紙器工業株式会社

© eiwa package industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.