top of page

自社内の印刷機で刷るということ

化粧品や高級品のパッケージ、貼箱などは、竹尾や平和紙業などの高価なファンシーペーパーを使用してその上に箔押しの加飾をくわえるデザインなど、かなり箱原価が高いものがあります。


しかし、コストパフォーマンスを突き詰めてゆくと、印刷にて加飾を加えてゆくことに

落着くようです。


ファンシーペーパーは、元の紙のイメージが強くデザインがうまくマッチしないと

紙にデザインがまけてしまったり、数量を多く作ってもコストが高くなりすぎたりと、

いろいろ制限が出てくるようです。


自社で印刷を出来ないパッケージメーカーは印刷会社の下請けで仕事を受注したり、

有名メーカーとの取引ができなかったり、加工のみを請け負う加工屋になったりと、

様々なハンディが出てきます。


また、何とか受注に漕ぎつけても、外部の印刷屋さんに印刷を依頼すると顧客の目指す品質からはほど遠い仕上がりになったり、大きなクレームとなり、取引が中断することもあります。


大手のデザイナーや発注者ほど、印刷設備のない加工専業メーカーには、まず仕事の依頼はしません。


技術のある印刷会社を1社あいだにいれて、パッケージ加工専業メーカーに仕事を依頼するのは、いかに印刷技術に重きを置くかという良い事例であると思います。


印刷から、箱作りのすべてを社内にて一貫生産するという当社のこだわりは、品質と低コスト,短納期に多いに貢献しており、お客様よりデザインの再現性において高い評価をいただいております。






bottom of page