化粧箱・貼箱製作の永和紙器工業(東京都足立区)|ブログ

11/14/2019

今年のハロウィン渋谷も無事終了といったところでしょうか。


先日伺ったとある化粧品会社様で、非常に珍しい形状の箱を見せて頂きました。

他のパッケージ製造会社が作成した白ダミーで、確かに見た目のインパクトは強いものだったのですが、初見では私は組み立てることが出来ませんでした。

そこの会社の方たちも、組立て方を教わったけれど実際に組み立てられたのは一人だけだったそうです。


営業で各会社様を訪問させて頂くと、何か面白い形状のパッケージを提案して欲しいというご依頼をよく頂きます。

そういった際はまず、弊社の設計担当者に相談をしてサンプル作成をするの...

11/07/2019

色校正や本番での印刷をするにあたり、お客様より色のご指示を頂きます。


基本的にはお客様から色チップ(DIC、PANTONEなど)や別の印刷物をお預かりして色見本にしますが、その際に気を付けなければいけないことがあります。

これは、化粧品のパッケージなど非常に色の基準の厳しい仕事ではなおのことです。

色チップは同じ番号でも版数や製造ロットによって色が変わっているということです。

弊社にある色チップで問題なく印刷したものを納品し、それをお客様の元にある色チップと見比べたらかなり色が違っていたということもありました。


色チップも印刷物です。

すべ...

10/31/2019

化粧品会社の変わった形状の箱のサンプル作成依頼が来ると、どういう訳だかその形状の箱の引き合いが、複数化粧品会社から立て続けに来ることがあります。

そのひとつに、ひと昔前ですが「引出し箱」のサンプル作成依頼がやはり複数のお客様から立て続けに来た時期がありました。

ひと昔前に作成したきりで今日まで多分作成してない箱なので、さすがに色々と忘れてしまっているだろうと思い、先日とりあえずひとつ作ってみようと当時のデータから適当なものを選んで試しに作ってみました。
 
やはり覚えていることと忘れていることがありましたが、仕上げてみてその当時何かしら...

10/24/2019

化粧品パッケージのおはなしです。

以前、何人かの方から「貼り箱と印刷箱の両方を設計をしていて大変じゃないか?嫌にならないか?」というようなことを聞かれたことがありますが、そのようなことを思ったことも考えたことも全くなかったので、自分としては「え、そうなんですか?」といった感じの以外な質問でした。
 
むしろ、貼り箱と印刷箱の両方を設計している方が、いろいろとアイディアだったり考え方の幅が広がるので、そういった質問を受けた際は、「両方とも設計しているから良いんです。」と回答しています。
 
実際、弊社オリジナルの背丸ブック型パッケージも...

09/23/2019

商品化された化粧品の化粧箱でセットアップの際に三分の一程度ですが、仕切りの表裏を間違えてセットされてしまう事がありました。

仕切り自体には印刷も無く、使用の紙自体も表裏の判別がつきません。

担当営業はセットアップ工場に仕上がり見本を渡して、ミスが出ないように注意していたのですが、それでも間違いは起こってしまいました。

何か、改善策を考えなければと仕切りの引っ掛け部分の形状を変えてみたり、身箱と仕切りに切れ込みを入れて合わせるなど試行錯誤もしてはみましたが、どれもパッとしませんでした。

営業、業務、設計でミーティングをし「一番、分かりやすい方...

09/16/2019

別の業者のおはなし。

小さな化粧品会社のお客様から、「ちょっとこれ見てくださいよ、ある業者に刷らせたらこんなになってしまいました。」と言われ質問されました。

A4のチラシを作成したところ、通常の色よりも青が強くなってしまって、クレームを入れたとのことでした。

今、世の中には非常に安価でチラシを作成する会社が巷にあふれております。

おそらく大きい判で付け合わせをして印刷をしていると思われ、まわりに付け合わされているチラシの指定の色によって調子が影響をうけているのだと説明をしました。

自社でも印刷をしていて印刷機の横で見ていると、刷っている途中で...

09/08/2019

先日、化粧品のラインナップを一式入れるセット箱の設計を依頼されました。

身とフタの単純な箱の中に紙の台紙を入れて各アイテムを収納したいということで、特に変わった仕様の箱というわけでもなかったのですが、その内容物となる各アイテムも製作中で図面上でのサイズしかわかりません。

後は全て想像の上で入れ方等を考えなくてなりませんでした。

箱を作るうえで一番重要なことはちゃんと内容物が収納できるということで、“物が入らない”という最悪の事態は絶対に避けなくてはなりません。

その為にはどうしても内容物のサイズに対して少し大き目に設計する必...